基本の 成り行き・指値・逆指値

FXには注文方法が3通りあります。それぞれシチュエーションによって使い分けます。
・成行注文(プライスオーダー)
・指値注文(リミットオーダー)
・逆指値注文(ストップオーダー)

【成行注文】

今すぐ売買したい時に有効。現在の値動きをみて売買します。注意したいのが、株式投資の成行注文とは違うということです。株式投資の場合は、いくらでもいいから買いたい、売りたいという時に使いますが、FXの場合では現在の価格ですぐに売買するという意味になります。

【指値注文】

現状よりもやや低い水準で買いたいとき、また現状よりもやや高い水準で売りたいときに有効。あらかじめ値段を指定した上で売買注文を入れます。

【逆指値注文】

損切りに用いるのが有効。ポジションが思ったとおりに動いた場合の利益確定の手段として用いることもあります。指定した価格まで下がったら売り、上がったら買い取るという方法です。

まずは、この基本的な3パターンのエントリーに慣れ、様々なシチュエーションで賢く使い分けることができるようになりましょう。

売買の基本は順張りで

FXの特徴の一つは、売りからでも買いからでも取引が可能なことです。つまり、円高でも円安でも利益が狙えるという大きなメリットがあるのです。

堅い売買の仕方は、トレンドを見極めてからその流れに沿ってポジションを持つことです。たとえば、円安に振れてきたら買いポジション、円高に振れてきたら売りポジションといったように、流れを確認してから売買をすることで、これを『順張り』といいます。

順張りでは、トレンドを確認してから売買しますので、底で買ったり、天井で売ったりすることはできませんが、少しのレートの動きでも利益が出せるFXでは、トレンドを確認してから取引を行っても遅くはありません。

順張りの逆の方法で『逆張り』という方法がありますが、トレンドがそろそろ反転するだろうという予測の元、流れとは逆の売買をすることを言います。成功すれば「底で買い」「天井で売り」という華麗な取引が成立します。

しかし、相場は常に気まぐれな動きをします。予想を裏切ることは当たり前のことですから、希望的観測で取引する方法はなるべく避け、あくまでも流れに沿った売り買いをすることをおすすめします。

ポジションを持つための情報源

FXの売買のタイミングを見極めるためには、ある程度の情報が必要になります。感に頼った売買では、いつか資金が底をついてしまいます。

プロの投資家は、チャート分析能力に優れていて、ほとんどがチャートを使って取引しますから、結果的に株よりも為替の方が教科書通りに動くことが多いようです。そう言った意味において、FX会社が提供する為替レポートは、アナリスト予想とは違い、かなりの確立で当たることが多いのです。

FX会社を選ぶ場合は、実績、知名度はもちろん、チャートツールや情報提供、システムがしっかりした会社を選択することも大切なことなのです。

システムで選ぶFX会社

為替情報が充実 実績・知名度で選ぶ3社

会社名 特徴・ポイント
外為どっとコム 3年連続「口座数」「預かり資産」の2部門でNo.1! 優れたチャートツールは初心者にも上級者にも支持されています。
フォーランドオンライン 為替情報や経済ニュースをリアルタイムで配信するなど、プロの投資家も情報収集に利用するほどの充実ぶり。
セントラル短資 リアルタイム情報サイト「FXライブ!」は、24時間リアルタイム市況情報、売買シグナルを中心に構成され、14通貨ペア、6種類の代表的なテクニカル指標分析の売買サインの発生がリアルタイムで表示されます。

HOME > FX入門編 > FXの基本的な注文方法