値動きが似る通貨の組み合わせ

『米ドルとユーロは反対の動きをする』ということは、投資家の間では当たり前のように知られていることです。つまり、円に対して米ドルが下がると、円に対してユーロが上がることが多いのです。

一方で、値動きが似たような動きをする通貨もあります。

一般的にいわれているのは、米ドル/円とカナダドル/円。北米グループの対円通貨です。
また、豪ドル/円とNZ/円。オセアニアグループの対円通貨です。
さらには、ユーロ/円、ポンド/円、スイスフラン/円はヨーロッパグループの対円通貨です。

スワップ狙いのFXトレーダーにとって、複数の通貨ペアによりポジションを持っている場合、為替差益がプラスあるいは、損失は極力ゼロに近い方が理想的です。

しかし、高金利通貨だといって値動きが似たような動きをする通貨ペア、たとえば、豪ドル/円とNZ/円の両方を持っている場合、相場が含み損を抱えるような動きをしてしまったら、ダブルで損失を被ることになりますし、最悪の場合スワップの利益もぶっ飛んでしまいます。

リスク分散するならこの通貨ペア

通貨ペアの一方が下がったら、もう一方が上がる。トータル的に為替差損益はゼロ。スワップポイントは両方受け取り。これが理想的なリスク分散のための組み合わせです。

為替差損を抑えながら、スワップポイントをキッチリ獲得していくためには、値動きが逆の動きをする通貨ペアか、全く無関係の通貨ペアを選択する必要があります。

相関が低い通貨ペアは、
・米ドル/円と南アフリカランド/円
・ユーロ/円とNZ/円
・NZ/円と米ドル/スイスフラン
・豪ドル/円と米ドル/カナダダドル
などが円高のリスクを軽減するには有効な通貨ペアです。

FX 投資 リスク

HOME > 通貨ペアの豆知識 > リスク分散効果