好況 南アフリカの秘密

南アフリカは、世界一の金の産出国として知られていますが、BMWやメルセデスベンツ、日本からはトヨタ、日産といった大手自動車メーカーが進出し、2010年ワールドカップ開催国にも選ばれ、今後大きく経済成長を遂げると期待されています。

投資家からしてみても、政策金利が高いときでは20%、低いときでも10%と魅力的で、スワップ金利(金利差益)を狙うFXトレーダーにはもってこいの好条件になっています。

南アフリカランドを買う理由はもう一つあります。それは、米ドル/円をFX取引の基本としている投資家にとって、値動きの異なる通貨ペアを持つことでリスク回避を狙った取引にもなるからです。 つまり、相関性の低い通貨ペアを持つことによって、どちらか一方で為替損益がでた場合でも、どちらかでカバーできれば、両方のスワップが稼げるという旨味のある取引が狙いなのです。

南アフリカランド取扱会社 人気の5社

スワップ 比較

FX会社名
(商品名)
各通貨ペアのスワップポイント
(1万通貨あたり|単位:円)
米ドル/円 南ア/円
サイバーエージェント
『外貨ex』
73 38
マネーパートナーズ
『パートナーズFX』
76 36
FX Online Japan 74 36
FXプライム
『選べる外貨』
77 36
ひまわり証券
『マージンFX』
75 35

スプレッド 比較

FX会社名
(商品名)
通貨ペアのスプレッド
米ドル/円 南ア/円
マネーパートナーズ
『パートナーズFX』
3銭 4~5銭
サイバーエージェント
『外貨ex』
2銭 5銭
FX Online Japan 3銭 8銭
FXプライム
『選べる外貨』
4銭 6銭
ひまわり証券
『マージンFX』
5銭 8銭
FXCM
高利回りの通過にご注意
新興国通貨の魅力は、なんといっても金利が高いことです。長い目で見ると為替は円安に進むといわれていますので、長期保有する場合は、日本円で高金利の外貨を買い持ちしながら、スワップ金利を獲得するというのがセオリー。
しかし、投資の初心者の中には、このスワップ狙いの外貨投資によって、思わぬ相場の揺れによって、財産を失ってしまうというのも珍しくないようです。チャンスとばかりに、借金してまで外貨投資に明け暮れたとか・・・。
そういった投資家の中には、債務整理(借金を減額するための「示談交渉」)に追い込まれるケースもあるようです。とにかく、高金利通貨を買うときは、政治や経済がある程度安定している国の通貨を選び、自己破産や債務整理に追い込まれないようにしましょう。特に新興国通貨には注意です。

HOME > 通貨の豆知識 > 南アフリカランド